不登校支援と教育

不登校支援と教育

【単身赴任って必要?】日本人の転勤について、アメリカ人に聞いてみた。

私は日本にいるアメリカ人の友達に「転勤」について聞いたことがあります。 アメリカでは、「転勤」は頻繁にあるかどうか? すると、彼は日本の転勤はクレイジーだと言いました。アメリカでは、ほぼ転勤はなく、長期の出張はあるかもしれないが...
不登校支援と教育

【日本の自殺者数】統計データ最新版をまとめました。

2018年の自殺者数データ(厚生労働省調べ)をまとめました。 1.年齢階級別自殺者数 2017年と比べる、全体の総数は減っているように見えますね。 年齢別にみてみると、少年(男の子・女の子)の自殺者数は、567人(20...
不登校支援と教育

【今すぐできる】科学的根拠に基づいた10個の勉強改善法

科学的根拠に基づく論文をまとめた記事を参考にして、今からでもできるおすすめの勉強法を10個解説します。 あなたにおすすめの記事:【集中力】続かない人。大人はどのぐらい集中できるのか? 英語の勉強法の記事をまとめました! ...
不登校支援と教育

【日本の英語教育】日本人の英語が伸びない理由とは?

日本の学校では「英語」を義務教育の一部として全てのカリキュラムに取り入れているのにも関わらず、実用的な英語を使える日本人の数は近隣諸国と比べてかなり低い傾向にあります。 日本人の英語力は私たちが想像しているよりもひどいです。 今回は...
不登校支援と教育

【不登校】ハーバードが教える、子供が学校に行きたくないと思う時

Harvard Medical SchoolのphD、ジュリアさんが執筆した記事を参考にしました。 アメリカでは新学期は9月からです。したがって、日本のように夏休み明けの学校への足取りは日本の子供たちのように重くなりがちです。そんな子...
不登校支援と教育

【BBCニュースより】なぜ日本ではこんなにも多くの不登校がいるのか?

日本では多くの子供達が不登校、多くの大人たちが引きこもりになっています。 なんでか不思議になりませんか? もっと不登校について知りたい方へ:【統計データ】小6から中1で、不登校数は17000人増えます 1.なぜ多くの日本の子供たち...
不登校支援と教育

【国語力の根源】子どもの言語発達と英語力の関連性

読解力を鍛えよう! 子供たちの言語力と第2言語習得に関する関係性の論文をまとめました。 英語が得意じゃない生徒の多くは、日本語能力もしくは言語力の発達が周りと比べて遅い傾向にあると参考にした文献は述べています。 子供たちの...
不登校支援と教育

【元不登校の体験談】朝早起きする為には強力な意思が必要

早起きってしたいのに起きれない! そんな起きれない人たちの為に、サンプル数1の私の経験から早起きのコツを教えたいと思います。 1.楽観的な人ほど起きれない 「俺なら早く起きれる!」 こんな楽観的な人ほど早起きは出来ま...
不登校支援と教育

【不登校統計】イギリスの不登校事情を調べてみた

イギリス・UKでの不登校統計データを徹底分析してみました。 日本やアメリカとどう違うのか興味深いですね。 1.基本データ(2017~2018) 約800万人の学生が、初等教育、中等教育に在籍しています。 内訳: イ...
不登校支援と教育

【寝不足】Sleep Debt (睡眠負債)とは?

日頃から眠気が取れない。そんな人は睡眠の負債が溜まっているかもしれません。 負債です。睡眠の負債は、負債なので返済できます。睡眠の貯金、寝だめは出来ないのですが、睡眠不足は解消できます。 あなたにおすすめ記事:【クロノタイプ】午...
タイトルとURLをコピーしました