【カンマの8つの使い方】英語の長文を読むときのコツ

英語学習

また「カンマ」だよ。どう訳せばいいの?

英語の長文を読み出すとイライラしてくる「カンマ」の訳し方について今回は説明します。

カンマの使用パターンを8つに分けましたが、一番覚えてほしいのはカンマの使用できない所です。

まず多くの人がやりがちなのが、日本語の「句読点」のイメージで「カンマ」を使って文と文を繋ぐこと。これはアウトです!絶対止めてください。もちろん例外はいくつもありますが、まずは「カンマ」では文を繋ぐことは出来ないと覚えといてね!

英語学習者のみんなへ:【IELTS】ヘッドライン・マッチングの解き方・コツ

英語ライティングに関する記事をまとめました。

  1. 【フォーマルな英単語】エッセイで使えるアカデミックな135語一覧
  2. 【Writing】英語のエッセイ、ライティングの本当の書き方
  3. 【ライティング】エッセイで書けると点数が上がる英単語・接続詞一覧
  4. 【やり直し英語】一般的な動詞の書き換え・言い換えを覚えたら英語は出来る!
  5. 【ライティング】パラグラフの書き方とトピックセンテンスを考える
  6. 【コロン・セミコロンの使い方】英語長文読解のコツ~Plus Ultra~
  7. 【カンマの8つの使い方】英語の長文を読むときのコツ
  8. 【英語・reporting verb】伝達動詞の使い方と一覧「〜と言う、〜と主張する」
スポンサーリンク

1.Fan boys (接続詞の前のカンマ)

文と文を繋げる時に使うカンマです。

カンマを使うときは、「fun boys」の前に置いて使います。

これらの接続詞を、海外では「Fan Boys」という語呂合わせで覚えています。

  1. for
  2. and
  3. nor
  4. but
  5. or
  6. yet.
  7. so

例文:

  • My father gave a present to me, so I wrote to him a letter to say “thank you.”
  • The game was over, and people started to leave.
  • They asked me a question, but I could not asnwer it.
スポンサーリンク

2.導入節・導入句・導入語のカンマ

英語ではそれぞれを下記のように表現します。

  1. introductory clauses
  2. introductory phrases
  3. introductory words

どんな使い方かは、例文を見て覚えてください。

メインになる文章、つまりは一番言いたいことが来る文章の前に、「カンマ」を置きます。

カンマの中の文よりも、カンマの外の文が本当に言いたいことなので、そこを意識して訳すようにしましょう。

1.introductory clauses

  • If it rains tomorrow, I will not go to school.
  • While my mother was eating dinner, I washed the dishes.
  • Because she was angry, I could not talk to her.

2.introductory phrases

  • To get to the station, I took the train.
  • Having done my homework, I went to play with my friends.
  • After the dinner with my family, I went to bed.

3.introductory words

  • Yes, I did.
  • However, he made me angry.
  • Well, you might be right.
スポンサーリンク

3.文中に使われるダブルカンマ

文中に来るカンマで挟まれた単語は、前の文や単語の説明です。

これを長文で見かけたら飛ばして大丈夫。ここには補足説明しか書いていません。逆に内容とか単語がわからない場合は、カンマの中を見れば一発です!

  • The school, which is in front of you, is my college.
  • I understand what you did. In this case, however, it was not necessary.

4.3つ以上の単語を分けるカンマ

この用法では、連続で続けて同じ内容を言いたいときに使えるカンマです。

「カンマ・カンマ・アンド・カンマ」の並びを長文にはよく出てるので、見かけたら「お!何かを並べて伝えてるんだな」と心の中で思ってください。

  • I bought a car, flower, and some fruits for my mother.

5.形容詞を分けるカンマ

・もし使われている形容詞をひっくり返しても意味が通じるならば、「カンマ」を入れましょう。

形容詞は基本的には語順が決まっています(形容詞の語順に関してはここをチェック)。

かんま

  • The old man lived a happy, wonderful life.
  • I used to be a difficult, stubborn kid.

6.文末のカンマ

形容詞を分けるカンマに似てるのが、文末に来るカンマです。

まずは例文を見てみましょう。

  • You had breakfast this morning, didn’t you?
  • I am genius, not stupid.

前の文との対照性を表したり、話の転換が起きるときに文末のカンマを使います。

7.クォーテーションマーク(引用符・””)の前のカンマ

クォーテーションマーク(日本語のカギカッコみたいなやつ)を入れて、発言を示すときに使うカンマです。

  • I said emotionally, “I told you many times.”
  • “Let me do it”, he says, “to show my power.”

カンマを使う時はクォーテーションマークの外に置きましょう。反対にピリオドは中ですね。

8.見にくくなる所にはカンマを使おう

最後の最後で曖昧な表現ですが、単語がつながっていて、誰が何をするのかが分かりにくい時にはカンマを使って区切ってあげてください。

Reference:

Purdue Writing Lab. (n.d.). Extended Rules for Commas // Purdue Writing Lab. Retrieved from https://owl.purdue.edu/owl/general_writing/punctuation/commas/extended_rules_for_commas.html

タイトルとURLをコピーしました