【英語・reporting verb】伝達動詞の使い方と一覧「〜と言う、〜と主張する」

英語学習

「say」とか「tell」とか that節を取るけど、人を置く位置が分からない。

そんな「~と言う」と意味する動詞が伝達動詞と呼ばれています。

伝達動詞は英語で「reporting verb」と呼ばれ、英語だと文字通り「何かを報告する動詞」の事ですね。

今回はそんな使い方や、不定詞、動名詞、前置詞、that節との関係性を動詞ごとに解説し、一覧にしてまとめました!

英語のライティングにも使える知識です!

色々なタイプのコロケーションを集めました!

使い方

まず伝達動詞を操るために5つの基本的な形を覚えてしまいましょう。

あとはこの4つに当てはまる伝達動詞を暗記するだけです。下の方にそれぞれの形に当てはまるレポーティングバーブを一覧にして、載せておきますのでそれも合わせて覚えてくださいね!

  1. 主語 + reporting verb + (that) + SV
    • 例文:She explained (that) she had not been studying at the time.
  2. 主語 + reporting verb + O(人) + (that) + SV
    • 例文:He assured me (that) I would make it.
  3. 主語 + reporting verb + 不定詞
    • 例文:She refused to work on Monday.
  4. 主語 + reporting verb + O(人) + 不定詞
    • 例文:She reminded me to come to the meeting.
  5. 主語+reporting verb + 動名詞
    • 例文:He admitted having stolen the bike.

ここからは、SVOCなどの文型の略語を使って、説明が出てきます。

文型苦手な人は、一旦チェックしてみて下さい:【中学英語・文型とは】第1文型から第5文型が分かれば英語は出来る!

1.Sayの仲間一覧(S + V + that)

最初はみんなが良く知ってる「say」と同じ用法の伝達動詞を一覧にして紹介します。

1番目の「主語 + reporting verb + (that) + SV」のパターンです。

/ sayの仲間(S + V + that) 意味
1 admit 認める
2 advise(tellの仲間でもある) アドバイスする
3 agree 同意する
4 announce 発表する
5 claim 主張する
6 complain 不満を言う
7 confirm 確認する
8 declare 宣言する
9 explain 説明する
10 insist 主張する
11 mention 言及する
12 promise(tellの仲間でもある) 約束する
13 propose 提案する
14 say 言う
15 suggest 提案する
16 warn(tellの仲間でもある) 警告する

2.tellの仲間一覧(S + V + O(人) + that)

次は、これもみんなが良く知ってる「tell」と使い方が一緒な伝達動詞です。動詞の後に、目的語(主に人)を取れる動詞たちです。

2番目の「主語 + reporting verb + O(人) + (that) + SV」の用法です。

/ tellの仲間(S + V + O(人) + that) 意味
1 advise(sayの仲間でもある) アドバイスする
2 assure 保証する
3 convince 納得させる
4 inform 伝える
5 notify 知らせる
6 persuade 説得する
7 promise(sayの仲間でもある) 約束する
8 reassure 安心させる
9 remind 思い出させる
10 tell 伝える
11 warn(sayの仲間でもある) 警告する

3.不定詞をとる伝達動詞(S + V + to )

次は、that節ではなく、動詞すぐ後に不定詞を取る伝達動詞一覧です。

3番目の形ですね「主語 + reporting verb + 不定詞」

/ 不定詞をとる伝達動詞(S + V + to ) 意味
1 agree 同意する
2 ask 頼む
3 claim 主張する
4 demand 要求する
5 offer 提案する
6 promise 約束する
7 propose 提案する
8 refuse 断る
9 threaten 脅す

4.不定詞をとる伝達動詞(S + V + O(人)+ to )

4番目の「主語 + reporting verb + O(人) + 不定詞」のパターンです。人が入るやつですね。

/ 不定詞をとる伝達動詞(S + V + O(人)+ to ) 意味
1 advise アドバイスする
2 ask 頼む
3 beg 懇願する
4 convince 納得させる
5 encourage 奨励する
6 forbid 禁止する
7 instruct 指示する
8 invite 招待する
9 order 命令する
10 persuade 説得する
11 remind 思い出させる
12 tell 伝える
13 urge 促す
14 warn 警告する

5.動名詞を取る伝達動詞(S + V + ~ing、S + V + that)

ラストは5番目の「主語+reporting verb + 動名詞」!

動名詞を取る伝達動詞一覧です。動名詞を取る伝達動詞は、同時に1番目の「say」のパターンでも行けます!

/ 動名詞を取る伝達動詞(S + V + ~ing、S + V + that) 意味
1 admit 認める
2 deny 否定する
3 mention 言及する
4 proposed 提案する
5 report 報告する
6 suggest 提案する

6.まとめ

英語ライティングに関する記事をまとめました。

  1. 【フォーマルな英単語】エッセイで使えるアカデミックな135語一覧
  2. 【Writing】英語のエッセイ、ライティングの本当の書き方
  3. 【ライティング】エッセイで書けると点数が上がる英単語・接続詞一覧
  4. 【やり直し英語】一般的な動詞の書き換え・言い換えを覚えたら英語は出来る!
  5. 【ライティング】パラグラフの書き方とトピックセンテンスを考える
  6. 【コロン・セミコロンの使い方】英語長文読解のコツ~Plus Ultra~
  7. 【カンマの8つの使い方】英語の長文を読むときのコツ
タイトルとURLをコピーしました