スポンサーリンク

文系でアメリカの大学に正規留学する人に伝えたいこと

留学情報
スポンサーリンク
こんにちは、現在アメリカの大学4年生のNaotoです!
マーケティングを専攻しています。今回の記事は文系学生としてアメリカに正規留学している身として何か参考になる情報を提供できないかと思って書いているので、よかったら読んでみてください!
 
文系でアメリカの大学に正規留学する人に知っておいてほしいことはがあります。それは、アメリカなどの外国で卒業後に働きたい人は、そうすることができる専攻(特に文系)は限られてくるので、専攻選びは慎重に、ということです。
 
まず、現実をみてみると、アメリカで日本国籍をもつ文系で大卒の人が働くことは難しいと思います。アメリカで働ける可能性が高い文系の専攻としては、聞いた話ではありますが、アカウンティング(会計学)、ファイナンス(財政学)などの学部だと思います。なぜかというと、日本の就活市場では就活生のポテンシャルで採用されると言われていますが、アメリカではあなたが会社に入って何ができるのかが重要視されているからです。なので卒業後にアメリカで働きたいと思っている人は専攻選びの段階で慎重に選ぶことをお勧めします。またアメリカ以外の国に目を向けるのもいいと思います。なぜなら海外にはとても安い学費で留学できる国があるからです。
 
この記事を読んでくれている人の中には、アメリカでは大学二年生までは専攻を変えることができるというところに惹かれて正規留学する人も居るかと思います。自分もそのうちの一人でした。確かに、専攻を変えることができるのは自分のように気が変わりやすい学生にとっては嬉しい制度だと思います。でも、自分は思います。本当に勉強したい専攻はできるだけ早く決めた方がいい。決まってないなら少しでも早く決めることができるように自分からどんどん行動していくべき、と。
 
もちろん、後から専攻を変えることを否定しているわけではありません。何歳からでも挑戦しようと努力するのは大事なことだと思います。でもやっぱり、今就職活動をしている身として専攻早く決めた方がいいんじゃないかなと思います。
 
なぜこう思うかというと、2年前に同じ大学に通う先輩に言われたことが心に残っているからです。自分はそのとき大学2年生になったばかりで何を専攻にするのかを迷っていました。なので専攻選びについてその先輩に相談してみました。そのとき先輩は、「アメリカに正規留学している人の中に専攻を選ぶのはまだ時間があるから大丈夫って言ってる人がいるけど、専攻は早く決めるべき。もし決められないなら自分から行動して見つけていくべき」というアドバイスを貰いました。当時はそれほどその言葉を深く理解することはできませんでしたが、今は本当にそうだなと思います。そして、もっと本気でいろんな世の中のことや仕事のことを調べ、本当にやりたいことをはっきり決めた上で専攻を決めたらよかったな、と少し後悔しています。
 
なので、アメリカの大学を卒業してアメリカで働きたい人(文系理系を問わず)はぜひ専攻についてよく考えてみることをおすすめします!では!
タイトルとURLをコピーしました