【英語力の向上】Some time, Sometime, Sometimes, の違いとは?

英語学習

ややこしい。

sometime, some time, somtimes、それぞれ何が違うのか、どんな意味なのか言えますか?

今回はそんな分かりにくい英語の細かい違いを説明していきます。

上級者の英語の細かい違いはこちらへ:【細かい英語の違い】So と Such って何が違うの?~使い方~

スポンサーリンク

1.sometime

まず、最初に紹介するのは「sometime」です。

ポイントはスペル!「s」が付かず、1語です。

sometime、は特定されていない時間や期間を表す時に使われます。大事なのは、不特定な時間や期間だということです。

sometimeは未来のある期間だけを表すだけではなく、過去の不特定の時間・期間を示すことが出来るという事を覚えておきましょう。

Sometime

  • 意味:特定していないある未来の地点、もしくは過去の地点
  • 品詞:副詞、形容詞

例文:

  • I will finish this report sometime next week.(来週あたりにレポート完成するよ)
    • 未来のパターン
  • He stole his friend money sometime in the morning.(彼は友達のお金を午前中のどこかで盗んだ)
    • 過去のパターン
スポンサーリンク

2.some time

次に解説するのは「some time」です。

今度はスペルは2語になりましたね。

some time、は時間の長さ・量を示します。someとは特に量の指定のしていない表現なので、時間が長い時、時間が短い時両方に使うことが出来ます。

要は時間の長さを特定しない時に、some timeを使えばいいのです。

some time:

  • 意味:時間の長さを表す。(特に長さの指定はない)
  • 品詞:フレーズです。

例文:

  • She wanted to spend some time with her boy friend.(彼氏としばらく一緒にいたかった)
  • Joe finally got some time to study English.(ジョウはやっと英語を勉強する時間を手に入れた)
スポンサーリンク

3.sometimes

最後は、みんなも良く知ってる「sometimes」です。

これはもう説明不要ですよね!?

sometimes=時々、です。中学生で最初に習う、頻度を表す副詞の1つですね。

sometimes:

  • 意味:断続的に起こる出来事や頻度を表します。(頻度は高くなく、決まった頻度でもない時)
  • 品詞:副詞

例文:

  • I sometimes cook my friend dinner.(時々友達に料理を振る舞うよ)
  • Sometimes, people need to support each other.(時として、人はお互いに助け合う必要がある)

4.全部混ぜてみよう(例文)

sometimes, some time, sometime、を訳す時のコツは無理して「訳さない」ことです。そもそも「some」という表現があいまいで日本語にはない感覚なので、無理して訳そうとせずに文脈にあった日本語を当てはめれば大丈夫!

  1. Kei sometimes spend some time with his friends, who were at the school sometime.
    1. 昔同級生だった友達とケンは時々遊ぶよ。
  2. The teacher is a sometime singer. Sometimes, she sings for some time, to relax.
    1. その先生は昔歌手だった。時々今でもストレス発散として歌うのよ。
  3. As the new product was ready to launch at sometime next month, sometimes Miku stayed for some time in the company.
    1. 新しい製品が来月には完成するので、ミクは時々会社に残るようになった。

5.まとめ

過去に作成した、「英語力の向上」シリーズをまとめました。

一段階上の英語を学びたい人は要チェックです!

  1. 【英語力の向上】another, others, the other, the others, の違いとは?
  2. 【英語力の向上】agree with, agree to and agree on の違いとは?
  3. 【英語力の向上】FurtherとFarther ~ニュアンス・意味の違いとは?~
  4. 【英語力の向上】so as to, in order to, to do、違いとは?~するために~
  5. 【英語力の向上】At と In の違いとは?
  6. 【英語力の向上】say, tell, speak, talk、の違いとは?~使い方を知ろう~
  7. 【英語力の向上】some と any の違いとは?
  8. 【英語力の向上】Nobody, No one, None, の違いとは?
  9. 【英語力の向上】So と Such って何が違うの?~使い方と違いを解説~
  10. 【英語力の向上】asの使い方と意味一覧

Reference

S, S. (2018, October 11). Difference Between Sometime, Some time and Sometimes (with Comparison Chart). Retrieved from https://keydifferences.com/difference-between-sometime-some-time-and-sometimes.html

タイトルとURLをコピーしました