【英語力の向上】agree with, agree to and agree on の違いとは?

英語学習

1分で分かるagreeの使い方!

agreeには3種類の前置詞が存在します。

  1. Agree with
  2. Agree to
  3. Agree on

それぞれにどのような違いがあるのでしょう?

細かい英語を知りたい人へ:1分で解説【be to doの意味】~することになっている「可能、義務、予定・運命、意図」

スポンサーリンク

1.Agree with (a person, idea, or situation)

「Agree with」は前置詞 with の後の「人物」・「アイデア」・「状況」に喜んで同意する時に使います。

人を目的語に取れるのは、「agree with」のみです。

  • I usually agree with my boss.
  • He agreed with my idea.
スポンサーリンク

2.Agree to (verb)

「Agree to」は前置詞 to の後には「要求」・「提案」もしくは目的語として「動詞」が入ります。

  • We agreed to pay for your tuition.
  • I agreed to your demands.
スポンサーリンク

3.Agree on (issue or point of debate)

「Agree on」の前置詞 on の後には「問題」・「争点」などがきます。

  • We agreed on the terms of the contract.

4.まとめ

過去に作成した、「英語力の向上」シリーズをまとめました。

一段階上の英語を学びたい人は要チェックです!

  1. 【英語力の向上】another, others, the other, the others, の違いとは?
  2. 【英語力の向上】agree with, agree to and agree on の違いとは?
  3. 【英語力の向上】FurtherとFarther ~ニュアンス・意味の違いとは?~
  4. 【英語力の向上】so as to, in order to, to do、違いとは?~するために~
  5. 【英語力の向上】At と In の違いとは?
  6. 【英語力の向上】say, tell, speak, talk、の違いとは?~使い方を知ろう~
  7. 【英語力の向上】some と any の違いとは?
  8. 【英語力の向上】Nobody, No one, None, の違いとは?
  9. 【英語力の向上】So と Such って何が違うの?~使い方と違いを解説~
タイトルとURLをコピーしました