【be to doの意味】~することになっている「可能、義務、予定・運命、意図」 

英語学習
スポンサーリンク

1分で解説 be to do(~することになっている)

1分で簡単に解説します。

簡単そうで意外と訳せないかたまりですね。

でも簡単です。分解してみましょう。

まず、be動詞の意味「いる・ある」もしくは「なる」などの意味がありますね。

この場合は後者です。be to do の「be」は「なる」って訳です。

では to do は?

簡単です。不定詞の名詞的用法の to do なので訳は「~すること」です。

そして、不定詞には未来志向という特徴がありましたね。

つまりは、be to do の「to do」未来志向の「~すること」ってニュアンスがあるのです。

ふたつをくっつけると、「~すること」に「なる」。

より未来のニュアンスをだすと、「~することになっている」というコアの部分、肝の訳が出てくるわけです。簡単ですね!

後は、文脈に合わせて応用していくだけ。

  • 可能のニュアンスだったら「can」のイメージで訳す
  • 義務のニュアンスだったら「should」のイメージで訳す
  • 予定・運命のニュアンスだったら「will・shall」のイメージで訳す
  • 意図のニュアンスだったら「mean・intend」のイメージで訳す

これだけです。

それぞれのちゃんとした日本語の訳なんか覚えなくても、助動詞・動詞のイメージがしっくりきていれば、いつでもどこでも訳せちゃいますね!

英語の使役動詞を知りたい人へ:【使役動詞】Causative Verbs「~させる」の使い方とは?

タイトルとURLをコピーしました