【使役動詞一覧】make, let, have, get,使い方と訳し方

スポンサーリンク
英語学習

英語力をもう一歩の伸ばしたい人のための、厳選した5つの使役動詞の解説です。

causative verbs (使役動詞)とは英語で、人やモノ・事に「~させる」、という動作を表す動詞です。かならず第5文型SVOCになるのも特徴ですね。

使役動詞のように第5文型を取る例は:

  • make
  • allow
  • let
  • help
  • have
  • get
  • enable
  • keep
  • hold
  • force
  • require

使役動詞の後に続く言葉は、「目的語」もしくは「動詞(原形・不定詞・分詞)」の語句が続きます。受動態の時には、原型不定詞(動詞の原形)の代わりに普通の不定詞を取るところもトリッキーですね。

スポンサーリンク

1.使役動詞の基本

日本の中学や高校で習う使役動詞は、

  1. make
  2. let
  3. have
  4. get

の4つですね。

これらの違いを簡単に説明をして、下記に詳しくそれぞれの使いを解説します。

  • make:~させる(むりやり)
  • let:~させる(許可を出す)
  • have:~してもらう、~される
  • get:~やってもらう(説得して)

大まかに訳すとこのような違いがあります。それではそれぞれの使い方をみて見ましょう!

他にも「~させる」と訳す動詞があります。これを感情動詞と呼ぶのですが、気になる方は下記のリンクをクリック!

スポンサーリンク

2.Make

もっとも一般的な使役動詞はmakeです。
makeの~させるはよく出てくる頻出単語ですが、使い方に注意!
通常の文では、Make + 目的語 + 動詞の原形ですが、受動態のMakeの場合は、be + made + to動詞(不定詞)を使います。

  1. “Make” + 人 + 動詞の原形
  2. be + made + to動詞(不定詞)

Force や Requireなどもmakeと同じ意味で使用できますが、一般的ではありません。ForceとRequireを使う場合は不定詞を置きましょう。

スポンサーリンク

3.Allow vs Let

AllowとLet、両方とも意味するところは同じ、許可するや可能にするです。

しかし、後に続く動詞は異なります。

例えば、Allow、は多くの場合で後ろに目的語を取ります。動詞を持ってくる場合は不定詞を使いましょう。

  • I allow my son to play video games.

反対に、Letの場合だと後にほぼかならず目的語を取り、動詞は原形を持ってきます。

  • I let my son play video games.
スポンサーリンク

4.Help

Help、には2種類の用法があります。

動詞の原形を取るパターンと不定詞を取るパターンです。どちらの形をとっても意味は一緒ですが、一般的なのは動詞の原形を取る文法のようです。

1.My mom helps me complete my homework

2.My mom helps me to complete my homework.

5.Have

Haveの使い方にも2種類あります。

  1. 動詞の原形(“Have” + 人 + 動詞の原形)
  2. 過去分詞(Have + 物 +過去分詞)

を取る2パターンです。目的語に人が来るときは動詞の原形、目的語に物が来るときは過去分詞形を使うようにしましょう。

  1. I’ll have my mom call your mom and ask if you can come over.
  2. I need to have my car  washed.

6.Get

Getを使う場合は目的語+不定詞のパターンで書くことが出来ます。

  1. Get + 人 + infinitive(不定詞)

How can I get my sister  to do my chores?

相手に何かを納得させたり、奨励するニュアンスで使うことが多いそうです。

7.まとめ

高校生レベルにおすすめの記事をまとめました!

  1. 【高校英語・助動詞】中学英語からの発展レベルに挑戦
  2. 【高校英語・比較】高校生レベルの文法~比較の熟語表現を極める~
  3. 【高校英語・関係詞】高校生レベル~関係代名詞VS関係副詞~
  4. 【英語・大学受験】英作文で覚えておきたいフレーズ・構文一覧
  5. 【大学受験・英文法】ルールや構文をランダムで総復習
  6. 【英文和訳】大学受験英語のよく狙われる表現と訳し方
タイトルとURLをコピーしました