【大学受験・英文法】ルールや構文をランダムで総復習

英語学習

大学入試に使われる基本的な英文法と熟語をまとめました。

それぞれルールを思い出せない人はそこを重点的に復習していきましょう。

熟語(イディオム)をマスターしたい人へ:【厳選85個一覧】英語の熟語表現まとめました。

1.文法・構文の基本ルール

  • 時を表す副詞節
    • by the time, when, as soon as,
    • 現在形 or 未来の時点での完了を表す現在完了
  • 歴史上の事実
    • 常に過去形
  • 譲歩のwhen
  • 関係代名詞のwhich や that の後には完全な文が来ることはない
  • 同格の名詞説を導く that
    • the fact that ~
  • 倒置で「譲歩」を表す as
    • 形容詞 + as + S + V =~だけれでも
  • カンマを使った非制限用法
  • that が続く関係代名詞
    • 先行詞にはfirst, only, very, などの最上級の形容詞が来るとthatを使うことが多い
  • 関係副詞 whenの用法
    • 先行詞とwhenが分かれる場合
  • It is ~ of A to do
    • 行為者Aに対する話し手の主観的評価を述べる場合には、for ではなく of をつかう。
  • 結果を表す不定詞
    • ~するだけだった
  • so ~ as to do
    • ~するぐらい~ =be enough to do
  • 状態動詞
    進行形にならない
    know, resemble, belong, contain

2.基本熟語

  • ~したはずがない
    • could not have done
    • cannot have done
  • ~するのは~と同じ
    • might as well v ~ as v
  • ~しないといけない
    • have got to do
  • ~があれば
    • with
  • ~さえすればよいのに
    • If only S + V
  • 可能性ゼロの場合
    • if S were to be
  • ~する予定である
    • be to do
  • Aが~しているところを目にする
    • 近く動詞
    • see A doing
      • A be seen doing
  • ~の状態になる
    • get + PP
  • ~という条件が与えられれば
    • provided
  • ~だと想定すれば
    • suppose
  • ~が~するといけないので
    • for fear that
  • ~である以上
    • Now that S V
  • AのBに対する関係はCとDに対する関係と同じだ
    • A is to B what C is to D
  • ~するすべての
    • what ~ = all the ~
  • AやらBやらで
    • what with A and b
  • ここにはよくあることだが
    • as is (often) the case with ~
  • 確実に~する
    • see to it that
タイトルとURLをコピーしました