【反転授業】英語学習においての反転学習がすごい!

スポンサーリンク
不登校支援と教育

反転授業は何がすごいの?何がダメなの?

今回はMike Acedoさんが書いた記事を基に、個人的な意見も交えて反転授業の Pro (メリット)と Con(デメリット) について解説しました。

英語学習において反転授業、つまりは映像での英語学習はとても有効なのです!

教育に興味のある方へ:【学習指導要領】小学生の英語の学び方。2020年

スポンサーリンク

1.反転授業(Flipped Classroom)とは

学校の授業で眠くなったことありますか?
うとうとして、腕をつねったり、水を飲んだり、何とか目を覚まそうとつまらない授業に耐えた経験は多くの人が共通して持っているはずです。

何のために、学校、塾、予備校で授業を受けているのか分からなくなってきますね。
これは、先生が授業の中心となっている現在の教育システムが原因だと言われています。つまりは、先生が黒板の前に立ち、教科書を読み、宿題を与えて、課題を解かせる見慣れた授業風景が原因だということ。

生徒にとってはこの授業スタイルは、まさに「授業」なのです。受け身になって、情報を聞くだけ、自分から学ぶ意欲が生まれてきません。

反転学習は、”Teacher-Centered” 授業から “Student-Centered” 授業に転換した、つまり反転した授業スタイルなのです。学校と家庭で出来ることをFlip (反転) させたのが反転学習です。

反転学習では、学生は通常のクラスの授業では従来のインプットを行うのではなく、自ら学び、インプット、さらには理解を深まれるための学習を目的としています。
反対に、家では宿題などをやるのではなく、映像授業を見せ次のクラスの授業に繋がる基礎を身につけさせます。

そうすることにより、学校の授業ではレクチャーをするのではなく、映像授業で学んだことはをベースにディスカッションやディベートといった知識の応用、アウトプットに重きを置くことが出来るようになります。

教育に興味のある方へ:【ハブルータ】ユダヤ式勉強法は質問を考える能力がつく!

スポンサーリンク

2.メリット

1. 生徒ひとりひとりの裁量権の増加

裁量権は人のモチベーションを保つためには欠かすことが出来ない要素です。学生だけではなく、仕事においても裁量権がない人はモチベーションを維持することが出来ません。反転学習では、生徒一人一人が自分で学習状況をコントロー出来る、裁量権が与えられます。自分のスペースで勉強を進められるメリットがここにあるのです。

2. アクティブラーニング

従来の受け身の「授業」とは違い、反転学習では生徒が自分で学ぶ意識が必要なります。アクティブラーニング、能動学習により自分の現状を客観的にみて、今何を勉強する必要があるのかを見極める能力が身に付きます。

3. オンラインでいつでも視聴可能

一回きりの退屈なレクチャーよりも、5分~10分のいつでも見られる授業が反転学習のメリット。もう眠たい授業に耐える必要はないです。電車や待ち合わせの隙間時間に復習の映像学習が出来るのです。

4. 親御さんが子供の学習状況を把握できる

家での映像学習がメインになるので、親御さんが学習状況を逐一確認することが出来ます。今までは先生の仕事だった、学習状況の把握を家庭でやってもらうことにより、先生たちの業務を減らすことが出来る上に子供たちの自主性、親と子供のコミュニケーションに繋がる機会を増やせるポテンシャルがあります。

5. より効率的

なによりも、効率がいいのです。学校でインプットをしても1:40では先生も限界があるし、生徒も集中できない。質問したくても恥ずかしくてできない。オンライン授業ならわからなかったらとめればいいし、次の日先生に一対一で聞くこともできます。

スポンサーリンク

3.デメリット

1. オンライン環境の充実

オンランデバイスの普及が不可欠です。PCは決してやすいものではないし、携帯も持っていない生徒もいます。そこに対するフォローをどうするかが今後の課題。

2. 生徒のやる気次第

生徒に裁量権を与えるので、やる気のない人は勉強しないでしょう。

3. 先生達への再教育

従来の「授業」しかし知らない先生達への再教育が必要になります、ただでさえ忙しいのに、コスト、時間がかかる作業です。伝統や精神論をいまだに重んじる教育業界では、難しい試みかもしれません。変化を受け入れられるかどうか・・・

4. テストの為の授業ではない

反転学習はテストの為の授業ではありません。定期テスト良い点を望む親の理解は得られないでしょう。しかし、定期テストの点よりも大切なことがあることを理解する良い機会かもしれません。

5. オンラインやPCへの依存性

最後に、PCや携帯などを子供に与えることにより、ゲームやネット依存に不安を覚える人が多いかと思います。ネットを通しての犯罪も近年増えて気いるので、ここにたいするフォローも、ネットリテラシーへの教育も今後必要になってくるでしょう。

Reference

4.まとめ

世界の英語教育をまとめました!

  1. 【英語教育】解説!中国の英語教育の実態。日本とどう違う?
  2. 【学習指導要領】小学生の英語の学び方~2020年編~
  3. 【だからダメなのか。】日本の英語教育の真実を調べてみた
  4. 【海外の英語教育】世界の英文法を教える順番~This is a pen.~
  5. 【国語力の根源】子どもの言語発達と英語力
タイトルとURLをコピーしました