【英語】副詞の位置と語順のルールを解説

スポンサーリンク
英語学習

中学最初の方に頻度を表す副詞習いませんでしたか?

語順って覚えてますか?一般動詞の場合とか、be動詞の場合で副詞の位置って変わっていませんでしたか?

今回はそんなややこしい副詞の位置について、場面と副詞の種類ごとに解説していきます。

下記のルールさえ理解できれば、副詞の位置にもう迷いません。

ちなみに、形容詞の語順についても解説してあります。

スポンサーリンク

副詞の語順ルール

副詞を置く場所のルールには大きく分けて5つあります。

  1. 様態の副詞(adverbs of manner):well, quickly, softly
  2. 頻度の副詞(adverbs of frequency): always, usually, normally
  3. 時と場所の副詞(adverbs of time and place): today, tomorrow, here, there
  4. 程度の副詞(adverbs of degree): very, extremely, much, a little
  5. 批評の副詞(commenting adverbs): basically, clearly, eventually

上記の5つです。それでは、ひとつずつ詳しくルールを見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.様態の副詞(adverbs of manner)

well, quickly, softlyなどの、「どのように行われるか」を表す副詞が様態の副詞です。

それでは、様態の副詞のルールを見てみましょう。

  1. 通常は動詞の後に置く
  2. 受動態の時には、be動詞の後に置く

例文:

  1. I ran quickly.
  2. I was softly whispered.
スポンサーリンク

2.頻度の副詞(adverbs of frequency)

always, usually, normallyなどの、「頻度」を表す副詞がその名の通り、頻度の副詞です。

それでは、頻度の副詞のルールを見てみましょう。

  1. 文頭に置く(強調できる)
  2. 一般動詞の場合は動詞の後に置く
  3. be動詞の場合は動詞の前に置く

例文:

  1. He always wakes up at 7.
  2. It is often cloudy.

3.時と場所の副詞(adverbs of time and place)

today, tomorrow, here, there、などはもう名前の通りです。2つまとめて解説していきます。

時と場所の副詞一覧はこちら

  1. 通常文末に置く
  2. 場所の副詞は時の副詞の前に置く

例文:

  1. I studied English today.
  2. I will study English here tomorrow.

4.程度の副詞(adverbs of degree)

very, extremely, much, a little、などの「どのぐらい」という程度を表すのが程度の副詞です。

  1. 動詞の後に置く(a lot, much)
  2. 形容詞の前に置く

例文:

  1. I worked out a lot.
  2. I am a little tired.

5.批評の副詞(commenting adverbs)

basically, clearly, eventually、などは話し手の意見を強調させる批評の副詞と呼ばれるものです。

  1. 通常は文頭に置く

例文:

  1. Clearly, I was right.

まとめ

副詞のルールを覚えたら、副詞を覚えて使ってみましょう~

色々なタイプのコロケーションを集めました!

タイトルとURLをコピーしました