【英語・長文中の代名詞】指示語が何を指しているのか分からない人へ

英語学習

英語の試験の長文でよく出る問題として、「itの中身を具体的に説明しなさい!」とかありますよね。

問題は多くの学生がこの指示語や代名詞の中身を理解できていないことです。

今回はそんな長文の中に出てくる代名詞の見極め方を解説していきます。

結論:文脈理解を極めましょう!

長文読解に関する記事をまとめました

  1. 【コロン・セミコロンの使い方】英語長文読解のコツ~Plus Ultra~
  2. 【カンマの8つの使い方】英語の長文を読むときのコツ
  3. 【読解力の向上】中学英文法~名詞とは?~
  4. 【英語長文】読み方の基本~読解力をPlus Ultra~
  5. 【英語・長文読解】読み方を紐解く~発展編~
  6. 【英語・長文中の代名詞】指示語が何を指しているのか分からない人へ

1.代名詞の基本的ルールを知ろう!

代名詞が指している物を見極める最初のルールは、「単数形か複数形かを見極めろ!」です。

そもそも代名詞とは、「it」のような単数形と「them」のような複数形のグループに分かれています。そして、代名詞の前に出来る単語の形によって、代名詞が使い分けられているのです。

つまりは一番最初に私が見極めないといいけないのは、

  • 代名詞が単数形か複数系か

という事です。もしそれが「it」だったら指している内容は前に出てくる単数形の英単語。

もしそれが、「them」だったら複数形の英単語を探せば最初のステップは完了です!

では、代名詞が分かりやすく人だった場合はどうしましょうか?

この場合は、まずは性別で見極めましょう。

  • 男性だった場合:he, his, him
  • 女性だった場合:she, her, hers

単純で分かりやすいですね!そして、この「人」が複数人いる場合は性別関係なく「they, their, them, thiers」に変わっていきます。

2.文章全体を言い換えることが出来る代名詞

代名詞には単語だけを指すものもあれば、文章全体を表すことが出来る代名詞も存在します。

例えば:

  • which
  • that
  • this

これらの代名詞が使われている文では、ひとつの英単語の代名詞の可能性と前の文章全体の代名詞の2つの可能性を考慮してください。

ながながと色々説明しましたが、最終的には文脈で判断するしか方法はありません。

上記のルールで選択肢を絞って、後は文脈で適切な物を選択するというのが代名詞の問題を解く方法です!

そもそも代名詞を使う時には読者に分かりやすくしているべきなのです。もし文章から代名詞の指している内容が分かりにくいようであれば、その文章は英文として未熟なものです。

なので、みなさんが英語の試験で代名詞を探す時には難しく考えずに、ひとつ前の文章、多くても2つ前の文章から代名詞を指している英単語を探して見て下さいね。

Reference

https://www.utsc.utoronto.ca/eld/sites/utsc.utoronto.ca.eld/files/resource-files/PronounRef.pdf

3.まとめ

名詞シリーズまとめました!

  1. 【読解力の向上】中学英文法~名詞とは?~
  2. 【英語・ Gerund】動名詞を取る動詞の一覧(中学生+上級編)
  3. 【英語・不可算名詞】数えられない名詞375選~アルファベット順で一覧~
  4. 【英語力の向上】182個の抽象名詞一覧~of+抽象名詞を極める~
  5. 【英語・長文中の代名詞】指示語が何を指しているのか分からない人へ
  6. 【英語】可算と不可算名詞の両方を持つ名詞の意味一覧91選
タイトルとURLをコピーしました