【勉強する前に身に着けよう】記憶力を改善する6個の習慣

スポンサーリンク
不登校支援と教育

記憶力を鍛えるためには、脳に負荷を掛けましょう。

脳に活動、週間、食事、色々なものを理解しましょう。

英語の勉強法の記事をまとめました!

  1. 【英文記事参照】科学的に正しい勉強とは何か?
  2. 【耳からの記憶】聞いたことを簡単に思い出す方法
  3. 【今すぐできる】科学的根拠に基づいた10個の勉強改善法
  4. 【英単語の覚え方】頻度を上げて、類義語を極めろ
  5. 【楽して出来る究極記憶術】寝ながら知識が定着します。
  6. 【勉強する前に身に着けよう】記憶力を改善する6個の習慣
スポンサーリンク

1.常に頭に負荷をかけて!

記憶力は筋肉と同じです。使えば使うほど鍛えることが出来ます!

では何をすればいいのか?

結論:

  • いつもと違う行動をする事

これです。普段の慣れ切った習慣などの自分の安心するゾーンから出てみましょう!

例えば、

  • いつもと違う道から帰る。
  • いつもと違う章から勉強する。
  • いつもと違う順番で体を洗う。

なんでもありです。いつものルーティンとは違う事をしてみましょう。

4つのおすすめ脳トレ

  1. 新しい事を学ぶ
  2. メンタルと身体に同時に負荷がかかる事にチャレンジ
  3. 常に進歩が確認できる挑戦
  4. 自分の興味がある分野へチャレンジ!

さー今日から、今から始めてみてください。

スポンサーリンク

2.運動は欠かさずに

メンタルを鍛える事は、脳の健康に欠かせません。しかし、脳を鍛えるにはメンタルだけではなく、フィジカルも同時に鍛える必要があるのです。

身体を鍛える事で脳に行く酸素が増え、記憶力が減少する病気(糖尿病、循環器疾患)のリスクを減らすことが出来ます。病気のリスクだけでなく、運動をすることはストレスホルモンを減らすことに繋がります。

そして運動の最も大事な事は、脳の成長に繋がる化学物質を放出させる事が出来る点です。そのおかげで、脳の成長を停滞させることなく記憶力の増加に繋がります。

4つのおすすめエクササイズ

  1. 有酸素運動(心臓に負荷をかける運動のほとんどが脳にも好影響を与えます)
  2. 朝に運動(朝が苦手な人は)
  3. 全身を使った運動
  4. 集中力が切れた時の軽い運動
スポンサーリンク

3.睡眠は絶対必要

何をおいても睡眠は大事です。

人それぞれ必要な睡眠時間はそれぞれ違います。しかし、95%以上の大人は7.5時間~9時間の睡眠が必要だと言われています。

一日数時間のお昼寝でも十分に効果がありますね。

色々な研究が示している通りに、睡眠と記憶にはポジティブな影響がありますね。

3つのおすすめ睡眠法

  1. 規則正しい睡眠時間(寝る時間、起きる時間を固定しよう)
  2. 寝る一時間前にはスクリーンは見ない
  3. カフェインを取らない(効果は人それぞれなので、自分のカフェインへの影響度を知ろう)

4.友達は必要

脳を鍛えると言うと、勉強とか、難しい問題を解いたりするなどを思い浮かべるかもしれません。

友達との映画や楽しい会話は脳を鍛える上で非常に重要な要素になります。

友達関係はメンタル面の健康に寄与するだけでなく、脳の健康にも大切だと多くの研究結果に出ています。社交性の高い人ほど記憶力の低下がする割合が低いですね。

人間はもともと社交性の高い生き物です。孤独では生きられないので、太古から群れで生活をしていました。

ボランティア、クラブ活動などが私たちの脳の活動をブーストさせてくれます。電話で会話するだけでも十分な刺激になるようですね。

もし人間関係が苦手な人がいるのであれば、ペットもでも大丈夫!特に社交性が高い犬であれば、あなたの脳の活性に一役買ってくれます。

5.ストレスレベルを管理して

ストレスレベルだけはしっかり把握しましょう。

ストレスは脳の活動の天敵です。ストレスレベルが高い状態だと脳の細胞を破壊し、記憶をつかさどる海馬に悪影響を及ぼします。つまりはストレスは回りまわって記憶力の低下にも繋がるのです。

ストレスへの対処法5つ:

  1. NOという勇気を持つ(5秒ルールを調べてみて!)
  2. 一日休みを取りましょう。
  3. 感情表現を豊かにしましょう。
  4. 仕事と休暇のバランスを心がけよう。
  5. マルチタスクではなく、シングルタスクに!

6.笑って!

みなさん一度は聞いた事があると思います。笑う事はとても重要だと。

実際、「笑い」は脳や記憶力そして身体的にもとても重要な要素になります。

他の感情のアウトプットは脳の限定された一部分しか刺激することは出来ません。しかし、笑う事はで脳の複数のエリアを全体的に活性化せることが出来ます。

さらに、笑うだけでなく、ジョークを聞いたり韻を踏んだダジャレを聞くだけでも、脳の記憶や学びに関する重要な領域を刺激することが出来ます。

サイコロジストのダニエル・ゴールマンによると、「笑いはヒトの認知力を広げ、社交的にする」と言われています。

おすすめ5つのステップ

  1. 自虐笑い(自分の恥ずかしい一面を笑いましょう)
  2. 笑いを聞いたら近づこう!(ハッピーな話はみんなシェアしたがっています。近づいて話に加わりましょう)
  3. 面白い人と付き合おう!(ユーモアがあって、常にあなたを笑わせてくる人を友達にしよう!)
  4. 自分を笑顔にさせてくれるもので、部屋をアレンジしよう(猫やおもしろいポスターで部屋を飾ってみよう)
  5. 子供を観察して真似してごらん。(子供って大人には思いつかない面白い事をしてるよ)

 

Reference

How to Improve Your Memory. (2020, April 16). Retrieved from https://www.helpguide.org/articles/healthy-living/how-to-improve-your-memory.htm

タイトルとURLをコピーしました