【英語で学ぶADHD】海外の対応について解説

スポンサーリンク
不登校支援と教育

不登校の原因として人間関係が上位に来ます。

現在の日本について多様な子供達の面倒を見れる環境は十分に整っていません。
そこでつまはじきにされてしまうのが、ADHDやユニークな子供立ちです。

同調や協調性を重んじる日本においては、この規律を乱す彼らをとても嫌います。

そこで今回は海外では、ADHDはどのように理解をされているかを調べて見ました。
ADHDに関する単語も英語で紹介します。

まずはADHDがどんな症状かの Myth(噂) and Facts(事実) を紹介します。

モチベーションの科学:【自発性、自己肯定感、安らぎを!】最後に子供にハグしたのはいつですか?

スポンサーリンク

1.ADHD (Attention Deficit Hyperactivity Disorder)

  1. Myth: すべてのADHDの子供たちは多動的だ。
    1. Fact: 多動的な子供達もいるし、寡黙で無気力に見えてしまう子供達もいます。ADHDだからといって、全ての人が多動的で落ち着きのない症状が出来るわけではありません。
  2. Myth: ADHDの子供たちは決して集中できない。
    1. Fact: ADHDの子供達は頻繁に、興味がある物に集中力を発揮します。しかし、どんなにがんばっても退屈になったり、繰り返しの作業になると集中を保つのが大変になります。好きなモノに対する集中力は並外れています。
  3. Myth: やろうと思えばじっとしてられる。
    1. Fact: できるかもしれない・・・でも、彼らにとってはどんなに頑張っても、じっとしていることはかなりハードルが高いタスクだと理解してあげる必要がある。時には反抗的に見えるかもしれません、でも反抗しようと思って行動している可能性は低いです。じっとしていることがどんなに難しいことかをまずは理解してあげましょう。
  4. Myth: 成長と共にADHDの症状は緩和されていく。
    1. Fact: 大抵は大人になっても、症状は続きます。早期治療が症状を最小限に抑えるために必要な事です。なるべく早く治療を受けさせましょう。
  5. Myth: 薬物治療がADHDに対するベストな治療方法
    1. Fact: 薬物治療が一番一般的なモノになります。しかし、子供によっては教育、行動治療、家や学校での運動が一番の治療になる事もあります。色々な可能性を見ていきましょう。
スポンサーリンク

2.Hyperactivity Symptoms(多動性)of ADHD

多動性(Hyperactivity Symptoms)がADHDに見られるもっと一般的な症状になります。

一般的に子供はアクティブな生き物です。自然界のどの動物の子供も元気いっぱいに動き回ります。しかし、Attention deficit disorderの子供たちは常に動きまわります。

無理やり座らせられたとしても、机の下では足が動いていたりなど完璧な静止は彼らにとって難易度の高いミッションになります。

スポンサーリンク

3.Positive Effects(良い面)of ADHD

勘違いしてはいけません。ADHDだからといって知能や才能に何の悪影響をも与えません。

反対にhyperactive な子供たちは下記のような良い特徴は持つことがあります。

  • Creativity: 創造性に長けています。問題解決能力や、アイデアの宝庫になり得る才能を秘めています。集中力が足りずに多くの事に目が行ってしまいます、しかし逆にそのおかげで他の人が気づかないことに気づくかもしれません。
  • Flexibility: 柔軟性が人一倍強い。色々な事に興味を持つので、open-mindに育つかもしれません。
  • Enthusiasm and Spontaneity: ADHDの子供たちは決して飽きません。常に全力で新しい楽しいことを求めています。もちろん飽きるのは早いかもしれません、しかしその分次の新しいことを見つけることに関してはみぎに出るものはいないでしょう。

4.How can We Help Them?(対応の仕方)

まずは一番大事なことはADHDの子供たちをほっとかないことです。

治療をせずに、ほっとくことが一番よくありません。ADHDかもと思ったら早めに検査を受けて、治療を受けさせましょう。自分のコントロールの仕方や集中の仕方を学ぶ必要があるからです。

この早期治療が遅れてしまうと、協調性を重んじる日本ではつまはじきにされてしまい、取り返しがつかなくなります。その結果不登校や自己肯定感が極端に低い子供になってしまうのです。

専門家の治療を受けることによって、多くの違いを生むことが出来ると言われています。専門家の治療や意見を聞くことをためらわないで下さい。

子どもたちの為にも早期のサポートが必要です。

不登校になる子供達にはADHDの子が多く含まれているかもしれません。
私もこれから勉強を重ねて彼らのサポートをしていきます。

5.まとめ

  • ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)
  • Hyperactivity Symptoms of ADHD
  • Positive Effects of ADHD
  • How can We Help Them?

ADHDの子供達にはイライラせずに、のんびりと接してあげましょう。

外国から不登校について学べる記事をまとめました。

  1. 【元不登校より】アメリカの不登校事情調べてみた。
  2. 【不登校統計】イギリスの不登校事情を調べてみた
  3. 【学校に行かない選択肢】School refusal (不登校)私たちが出来ることは?
  4. 【不登校を学ぶ】アメリカ式対応と対策とは
  5. 【逆境にある教育】子供への罰則、ご褒美、自己決定について考える
タイトルとURLをコピーしました