【英語】supporting sentenceの見つけ方

英語学習

英語の授業で「topic sentence」と「supporting sentence」を見つけなさい!という問題を出されたことはありますか?

トピックセンテンスについては前回説明してあるので、こちらから確認お願いします。

今回は、サポーティングセンテンスの見分け方について説明していきます。

1.supporting sentenceとは?

そもそも、「supporting sentence」って何ですか?

サポーティングセンテンスとは:

  • トピックセンテンスで述べた「メインアイデア」について補足をして、アイデアを広げて行く役割を果たす文章の事です。

そして、サポーティングセンテンスでは主に、例(example)、理由(reason)、説明(description)、事実(fact)、が来ることが多いです。

もし、サポーティングセンテンスを見分ける問題が出たら、まずは上記の3つのポイントを意識して探して見て下さい!

そして、探す時のポイントは、トピックセンテンスの後を見る事です。

英語のパラグラフにはほぼ必ずトピックセンテンスが存在します。まずは、それを見つけたら後の残りの全部の文章がサポーティングセンテンスになっているはずです(もちろん例外はありますが・・・)。

最初はこの考え方で、サポーティングセンテンスを探して見て下さい。だんだん、感覚が分かってきますよ!

練習問題を解きたい人はこちらへ!

ちなみに、もしエッセイでサポーティングセンテンスを描く場合には下記の点に注意してくださいね。

  1. 必ず、トピックセンテンスのメインアイデアに関すること。
  2. ひとつのパラグラフにサポーティングセンテンスは、2~4つが適切。
  3. 論理的に正しい、順番でサポーティングセンテンスを並べる事。
  4. トピックセンテンスと関係のない新しいアイデアを書かない事。

2.まとめ

英語ライティングに関する記事をまとめました。

  1. 【フォーマルな英単語】エッセイで使えるアカデミックな135語一覧
  2. 【Writing】英語のエッセイ、ライティングの本当の書き方
  3. 【ライティング】エッセイで書けると点数が上がる英単語・接続詞一覧
  4. 【やり直し英語】一般的な動詞の書き換え・言い換えを覚えたら英語は出来る!
  5. 【ライティング】パラグラフの書き方とトピックセンテンスを考える
  6. 【コロン・セミコロンの使い方】英語長文読解のコツ~Plus Ultra~
  7. 【カンマの8つの使い方】英語の長文を読むときのコツ
タイトルとURLをコピーしました