【乗り物酔い】電車酔いって英語でなんて言うの?

英語学習

電車で酔った!これを英語で言えますか?

車酔い、船酔い、乗り物酔い、私はブランコでも酔います。。。

今回はそんな酔いやすい人の為の、英語で「酔う」の表現をまとめました。

英語学習におすすめの記事:【簡単英語表現】留学中、具合が悪くなったら何ていえばいいの?

スポンサーリンク

1.電車酔い(英語で?)

結論から簡潔に言います!

電車酔いにあたる正確な英語はありません。

アメリカにはほとんど電車がないからです。

Carsick(車酔い)

Airsick(飛行機酔い)

Seasick(船酔い)

車、飛行機、船はこのように英語で言えますが、電車の trainsick という言葉ないのです。

アメリカ人に聞いたところ、 trainsickでも言いたいことはわかるそうですが、違和感のある英語だそうです。

では、電車で酔った場合はどう表現するべきなのか?
解説していきます。

まずは、酔った!(乗り物で)に使える万能な表現は、

I have motion sickness.(私は酔っています)

motion sickness は万能な表現です。

他にも、I feel nauseous.(吐き気がする)なども使えます。

乗り物酔いで苦しんできた人には欠かせない表現です。

酔った場合に着ける動詞は、

  • get
  • feel
  • have
  • suffer from

など簡単な動詞です。酔って苦しい時に難しい動詞を使う必要はありません。

単純に、I got motion sickness. (酔った!)で大丈夫です。

電車で酔った場合もこの表現でOK!

スポンサーリンク

2.その他(酔う。の英語表現)

では、乗り物酔い以外のお酒で酔う場合はなんと言いますか?

ほろ酔い編

Buzzed: 一番最初のステージです。お酒を飲んで、しらふじゃないなかな?っておもったら Buzzed!

Tipsy: 第二段階です。顔が赤くなり、体が温まってきたら、Tipsy!

酔っぱらった!編

Drunk: 完璧に酔っている状態です。いかなる刺激にも鈍感な状態であれば、Drunk!

泥酔編

  • Plastered
  • Trashed
  • Wasted
  • Smashed

どれを使っても、べろんべろんの状態を表せます。

スポンサーリンク

3.吐きそう(英語で?)

最後に、乗り物酔い、お酒で酔った場合に伝えないといけない「吐く」の表現を解説します。

  • Vomit(吐く):比較的奇麗な言い方です。お医者さんが使うような言葉
  • Throw up(吐く):もっとカジュアルな言い方です。
  • Puke(吐く):一番汚い言い方です。あまり使わないほうがいいかも。

吐き気がする!って言いたい場合は

I feel nauseous. を使いましょう。気持ち悪いから吐き気がするって言いたいときに万能です。

I’m gonna throw up! (吐きそう!)って表現もよく使います。

気持ち悪い時は、無理せずに簡単な英語で伝えましょう!
英語はコミュニケーション相手が理解できればそれでいいのです!

よって、相手が trainsick で理解してくれるのであればそれを使えば解決です。

アメリカ留学情報集めました:【アメリカ留学統計データ】アメリカへの留学生は中国がトップ!

タイトルとURLをコピーしました