【留学準備】銀行やカードはどうすればいい?~アメリカ留学体験談~

留学情報

海外大学に進学したい!

語学留学したい!

海外大学に留学するにあたって、準備しとくべきものを5個紹介しています。英語だけではなく、準備しなきゃいけないものはたくさんあります。

日本の留学準備の記事はたくさんありますが、今回は、英語の記事を厳選した留学生用のやることリストを作りました。

留学を目指す人におすすめの記事:【留学生必見】ボストンキャリアフォーラム2019 「ボスキャリ体験談」

スポンサーリンク

1.リサーチと計画

留学をする上で一番大事なことは、目的地や気候などその土地をしっかりリサーチすることです。

そして、到着してからどう行動するかの計画を立てることが重要です。

例えば:

  • 空港からどこに行くか?
  • 何時に到着するべきか?
  • 観光地があるのか?
  • スーパーがるのか?
  • どんな銀行があるのか?

などなど。上げたら切りがありません。

それでも出発の前に、不安なことをとことん調べるのはとても大事だと思います!

さらに、調べることによって、持ち物が変わってきます。

私の留学失敗談も、反面教師にして下さい!

スポンサーリンク

2.荷物は少数精鋭で

留学地の特徴を調べた上でパッキングを行いましょう。

そして、荷物は取捨選択をし、少数精鋭で行くことをおすすめします!

まずチェックしてほしいのは、航空会社のスーツケースの重さの基準です。

航空会社にはそれぞれ、スーツケース1個何キロまでといった基準が存在します。

この基準を超えてしまうと、その場で荷物を整理したり、カバンを開けて荷物を捨てないと行けません。

実際私もアメリカの空港で重量オーバーになり、カウンターの前で、みんなが見てる前でスーツケースを開けて荷物を捨てる羽目になりました 笑

「早くしろよ」の目の中で恥ずかしい思いをしました。

皆さんは適切に基準通りにパッキングをしましょう!

スポンサーリンク

3.計画的に予算を組もう

予算は1週間単位で組みましょう。

留学の計画はとてもわくわくするものですが、現実はお金の問題がとてもシビアですね。

お金の問題を解決したうえで、留学を楽しみましょう。

まず大金がかかるのは飛行機のチケットですね。
航空券は直前に取るのではなく、前もって出発の曜日などを考慮したうでとりましょう。

おすすめは、アプリを使うことです。
航空会社のHPで直接買うのではなく、アプリで比較して買う事をおすすめします。

到着後の予算、生活費に関しては、1週間単位で組むといいでしょう。
少し面倒だとは思いますが、先に予算を組むことで無駄遣いを減らして、留学生活を楽しめますよ。

実際に私の周りでも、経済的な理由で一時帰国する人達がいました。

日本に帰って、働いて戻ってくる人も。

お金に困ったらまずは、どこの大学にもある留学生のオフィスに行きましょう。そこで、返さなくてい、給付型の奨学金について聞いてください。

アメリカでは給付型の奨学金がメインで、意外と簡単に取得できるので調べてみることを強くおすすめします。

4.支払い方法

クレジットカード、デビットカード、銀行口座、現金、全てが使えるようにしておきましょう。

日本にいる間に出来ることは、海外でも使えるクレカを最低2枚用意することです。種類は visa と maste の2種類。

この2枚があればとりあえずは一安心。

後は、日本の銀行に行って現地のお金を5万円ほど手元に置いとく。カードが使えない時の為に、現金を用意しといて、数万円をスーツケースに、残りをお財布に入れましょう。

すりに合っても、どっちかにお金があればまずは大丈夫です。

現地についてからしてほしいことは、現地で銀行口座を開くかどうかの判断です。

私的に2年以上滞在するなら口座を開くことをおすすめします。
口座があることで、すぐに現金が引き出せたり、デビットカードを持つことで無駄遣いを減らせます。

さらに現地で口座を持っておけば給料の振り込みに使えます。

5.学内アルバイト

留学先の国にもよりますが、学内でならアルバイトは可能です。

お金に不安があったり、英語を使ってお仕事がしたければ学内アルバイトはぴったりです。

アルバイトの種類は様々です

  • カフェの店員
  • 本屋さんの店員
  • 売店の店員
  • 図書館のスタッフ
  • チューター
  • インターン
  • 警備員
  • 交通整理
  • 犬の散歩など

探せばいくらでもあります。

学校の留学生用のオフィスに問い合わせれば、条件とか必要な書類を教えてくれるはずなのでおすすめです。

ちなみに私は、日本人の留学生のサポートをして5万円ほど稼ぎました~

こちらも合わせて参考にしてください!

6.まとめ

今回紹介したのはこちら

  • リサーチと計画
  • 荷物は少数精鋭で
  • 計画的に予算を組もう
  • 支払い方法
  • 学内アルバイト

しっかり準備して楽しんできてください!

今回参考にした記事はこちらです。
英文のほうも勉強がてら読んで見てください。

studyabroad.com https://www.studyabroad.com/resources/8-study-abroad-tips

durham university https://www.durhamisc.com/blog/categories/study-abroad/study-abroad-tips

studentuniverse https://www.studentuniverse.co.uk/flights/top-ten-tips-for-studying-abroad

タイトルとURLをコピーしました