【SDGs】第4の目標:包括的で公平な質の教育の確保、そして全ての人に生涯学べる機会を提供する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SDGsの第4の目標である教育分野の解説を簡単にしてみました。

スポンサーリンク

SDGs目標4概要の再確認

コロナの影響により、この世代の学生たちと教育現場壊滅状態です。コロナの前でさえSDGsの目標に向けて進捗は十分ではありませんでした。コロナにより学校の閉鎖はこのSDGsの教育目標に対する壊滅的な打撃を与えています。多くの子ども達が学業に関してかなり遅れをとっています。この遅れは長期的に教育に影響を与えると考えられています。3人に二人の世界の子だも達は未だに学校の閉鎖による影響を受けています。オンライン教育の環境がない子どもは学校に戻る機会は失い、強制的な結婚や強制的な労働を強いられています。

2020年においてコロナの影響により、子ども達の読み書きの最低能力が下がっていると推定されています。コロナの前は53%の子ども達が中等教育を修了していました(サハラ砂漠以南のアフリカの地域では29%でした)。学校閉鎖の期間次第ではこの教育の修了度は停滞もしくはより悪くなると考えられています。

スポンサーリンク

SDGs目標4を再確認

目標4包括的で公平な質の教育の確保、そして全ての人に生涯学べる機会を提供する
4.12030年までにすべての女の子、男の子に無償で公平で質の高い初等教育と中等教育を確保できるようにする。
4.22030年までに初等教育に向けて準備が出来るように、全ての女の子、男の子に質の高い幼児教育などのケアを確保する
4.32030年までにすべての大人たちに大学を含む、職業教育などの機会を良心的な値段で受けられる機会を確保する
4.42030年までに起業家、一般的なまともな仕事につけるようなスキルを持った人材の数を増加させる
4.52030年までに社会的に弱い立場にいる人、先住民、障がいのある人たちの為の教育、職業訓練の場の確保。そして教育の場においてのジェンダー格差をなくす。
4.62030年までにすべての若者、そして大多数の大人が読み書きと計算能力を身に付けられるようにする
4.72030年までにSDGsの知識と技術を多くの人が手に入れるようにする。
タイトルとURLをコピーしました