スポンサーリンク

【何が違う?】Sand, Silt, Clay, ~英語力の向上~

英語学習
スポンサーリンク

日本語でもわかりにくい、sand, silt, clay

Soil(土)の中に上記の三つが含まれていますね

今回はそんな細かい違いを解説していきます。

結論:

大きさが違う。

スポンサーリンク

1.Sand

Sandは日本語で砂です。砂は土の構成物質中で最も大きな粒子です。肉眼でも観察可能ですね!

Sandの構成物質

  • 岩の粒子(particles of rock)
  • 堅い鉱物(hard minerals)

砂の粒子の大きさは。2~4.75mmほどです。そして砂の粒子は比較的丸い形をしています。

2.Silt

Siltは日本語でシルトもしくは沈泥と呼ばれています。

siltの大きさはsandとclayの中間にあたりますね。

シルトの大きさは0.002~0.06mm程度になります。

シルトはそのきめの細やかさから、中々形を保つことが出来ません。その為に雨が降るとドロドロになり、足跡が付きやすくなるんですね。

3.Clay

Clayは日本語で粘土です。

sandやsiltに比べると最も小さい物質ですね。

きめの細やかさも一番です!だから粘土は色々な形に変化するんですね!

Clayの大きさは、0.002mm以下です。粘土はそのきめの細やかさから、多くの水を粒子の間に含んでいます。

水を多く含んでいる時は粘土は広がり、乾燥すると縮んでいきます。

砂の粒子が丸い一方で、粘土の粒子は薄く、平らな形をしています。

タイトルとURLをコピーしました