スポンサーリンク

【オレンジを英語で学ぶ】みかんの植物学

英語学習
スポンサーリンク

みかんは世界中で食べられている大人気の果物です。

今回はそんなみかんの育て方について英語を通して学んでいきます。

スポンサーリンク

1.みかんの紹介

みなさんご存じ「みかん」英語で言うと、orange、ですね。

バナナや、リンゴ、マンゴーなどと並んで世界中で栽培されている最も人気のある果物の内のひとつが美柑です。

みかんは柑橘系(citrus)の果物なので、ビタミンCが特に豊富で栄養価が高いために人気があります。

みかんの学術的な名前は、

  • Citrus reticulata

みかんの植物学的な名前は、

  • Citrus aurantium

になっています。

ミカンの用途は多岐に渡ります。生でも食べられるし、食べられている大人気の果物です。

ミカンの用途は多岐に渡ります。生でも食べられるし、シロップやジュースにもできる。ジャムなどにも応用が利きます。その為世界中で重要が高い果物になっているのです。

その他にもみかんは、クエン酸(citric acid)、オレンジ油(peel oil)、化粧品(cosmetics)、などの原材料としても使われています。

一般的に広く栽培されているみかんは、スィートオレンジ(Sweet Oranges)と呼ばれる品種です。アジアで最初に広まり、今では世界中で栽培されているみかんです。

現在商業用に栽培されている品種は、

  • マンダリン: mandarin (Citrus reticulata)
  • マンダリンミカンとレモンとの交配種: acid lime (Citrus aurantifolia)
  • スイートオレンジ: sweet orange (Citrus sinensis)

みかんの木は害虫(pest)や虫、病気に弱く丁寧なケアが必要になります。適切な世話が出来ればみかんの栽培はとても利益になるものだとも言えますね。

2.みかんの何がすごい?

みかんを食べる利点をまとめてみました。

  1. 低カロリー(low-calorie)
  2. クエン酸(citric acid)
  3. 食物繊維(dietary fiber)
  4. カロテノイド化合物(carotenoid compound)
  5. ビタミンA(vitamin A)
  6. 解毒作用(detoxification)
  7. マグネシウム(magnesium)
  8. ヘスペリジン(hesperidin)

こんなに色々な栄養が入っています。低カロリーな上に、お肌によく、血圧を制御することもできるようです。

3.みかんの栽培国ランキング

2018年の世界のみかん生産量ランキングです。

  1. 中国
  2. スペイン
  3. トルコ
  4. モロッコ
  5. エジプト
  6. ブラジル
  7. 米国
  8. 日本
  9. イタリア
  10. 韓国

4.みかんと気候

マンゴーやバナナと同じように熱帯や亜熱帯の地域で広く栽培されています。

特にみかんにおいては乾燥した気候の土地ではより多くの収穫量を見込めます。

みかんの栽培において乾燥した気候かつ適度な暑さの夏、そして適度な雨(100~200cm程度)が必要になります。

湿度が高い地域での栽培ではみかんは病気にかかり易くなるので注意が必要です。

温州みかんにおいての適度な気温は15~18度以下で、冬期の最低気温はー5度以上を保つ必要があります。

5.みかんと土壌

みかんは様々な土壌で育てることが出来ます。

例えば:

  • sandy loam(砂壌土)
  • loamy soil(ローム質の土壌)
  • alluvial(沖積)

土壌のPHは5.8~7.3程度に合わせる事がベストのようです。

6.まとめ

みかんを育てるのも中々大変そうですね。適切な気候や土、そして病気のコントロールなどやることたくさんです。

機会があれば果樹を育て見るのも良いかもですね!

Reference

Orange Farming Techniques Cultivation And Plant Guide. (n.d.). Retrieved July 21, 2020, from http://springmeblog.com/2018/orange-farming-techniques-cultivation-and-plant-guide/

タイトルとURLをコピーしました