【新卒4ヶ月目で退職】補習塾起業への準備編

新卒(退職・転職・起業)

True man show ( トゥルーマン・ショー をご存知ですか?

見たことない人は、アマゾンで見つけたのでぜひ見てください!

トゥルーマン・ショー 見られているのはあなたかもですけどね。。。
見れば意味が分かります。

何故今回はこの映画の話題から入ったかというと、皆さんにはぜひ私の人生を楽しんで欲しいのです。私がどう生きて、どう失敗して、どう成功するのか。

これを皆さんには、ひとつのノンフィクションのストーリーとして、一緒に楽しんで頂きたい。

では、本題です。

私が、これから塾起業をするにあたって、必要な準備をまとめました。
将来の自分の為にアマゾンのリンクを貼ってあります。

必要な時にすぐ買えるので 笑

スポンサーリンク

1.塾起業の為の準備(初期費用)

まずはみんなが気になるコスト面です。
私もまず最初に考えました。

費用が掛かるものをまずは羅列していきます。

  1. 店舗資金
  2. 机・椅子
  3. ホワイトボード・マーカー・イレーサー
  4. プリンター・FAX
  5. 電話
  6. 掃除機
  7. ラップトップ
  8. その他備品

まずは、店舗資金と備品を合わせた8個を解説していきます。

1.店舗費用

私は、自宅兼塾にしようと思っています。
なので、家賃=店舗費用です。

家賃は高くても7万円以内で探します。

礼金は無いところを選び、敷金1か月分で合計140,000円です。

2.机・椅子

机は、極力置きません。机があると狭い店舗に、人数が限られてしまうからです。

保護者対応に必要な、最低限の机と椅子をふたつずつです。

 約6,000×2=12,000円

椅子 約5,000×2=10,000円

他には、スタンディングの机を利用して、狭いスペースを上手く使えるようにするつもりです。

学校に行けば長時間座るのだから、塾ぐらいは立たないとね。
科学的に座ることは体に悪いからね。

3.ホワイトボード・マーカー・イレーサー

ホワイトボードはアマゾンで約15,000円でした。

マーカー約550円

イレーサー約500円

合計で16,050円でした。

私は字が汚いので、なるべく手書きはしたくありません。

ホワイドボードの優先度は低いでしょう。

4.プリンター・FAX

プリンター・FAX約14,000円

プリンターは必須かな。
FAXは必要かどうかは、悩みどころ。

A4が印刷できれば十分だね。

5.電話

電話5,000円

子機があれば便利だと思うので、アマゾンで探してみました。
しかし、今時携帯があれば固定電話はいらないのでは?と自問自答。

ここも省ける要素かもです。

6.掃除機

掃除機3,500円 

ここにこだわりはありません。安くて掃除が出来れば問題ないのです。

そのかわり、塾は清潔感があり、常にきれいな状態を保ちたいので、しっかり掃除できる掃除機を選ぶようにします。

7.ラップトップ

ラップトップ90,000円です。

PCは欠かせないものです。オンラインでの授業もしたいと思っているので、ここの出費は妥協しません。

デスクトップではなく、大きめのノートパソコンにします。
細かい検索は、携帯があれば事足りると思われます。

8.その他備品

印刷用紙や、ペンなのでの備品の為に2万円を予算に入れときます。

スポンサーリンク

2.ここまでの合計

  1. 店舗費用 70,000円
  2. 机・椅子 22,000円
  3. ホワイトボード・マーカー・イレーサー  16,050円
  4. プリンター・FAX 14,000円
  5. 電話 5,000円
  6. 掃除機 3,500円
  7. ラップトップ 90,000円
  8. その他備品 20,000円

合計:310,550

ここまでの費用は上記の通りでした。

自分で考えて書いていくうちに、必要ないもの、お金をかけなくて良いもの、そしてお金を出してでも必要な物が見えてきました。

少しずつブラッシュアップをして、最適な準備が出来るようにします。

次回は、広告費、チラシや看板作成、ウェブサイトの作成にかかる費用をまとめていきます。

ダメな点やアドバイスがございましたら、辛らつに、お気軽にご連絡下さい!

独立シリーズまとめました。

  1. 【新卒4ヶ月目で退職】補習塾起業への準備編
  2. 【補習塾起業】広告費や教材費の初期費用をまとめてみた
  3. 【補習塾起業】ランニングコスト・必要経費~フリーランス編~
タイトルとURLをコピーしました