スポンサーリンク

【寝不足】Sleep Debt (睡眠負債)とは?

不登校支援と教育
スポンサーリンク

日頃から眠気が取れない。そんな人は睡眠の負債が溜まっているかもしれません。

負債です。睡眠の負債は、負債なので返済できます。睡眠の貯金、寝だめは出来ないのですが、睡眠不足は解消できます。

あなたにおすすめ記事:【クロノタイプ】午前中のテストは不公平だと判明!?

スポンサーリンク

1.Sleep Debt (睡眠負債とは)?

睡眠負債とは、睡眠不足の状態が継続的に蓄積されている症状を言います。

日常的に普段必要な睡眠よりも少ない睡眠をしている場合に、睡眠負債は雪だるま式に蓄積されていきます。

睡眠不足が続くと、当たり前ですが、疲れやすくなり、憂鬱になったり、事故や風邪にかかり易くなってしまいます。

2.睡眠不足はどのぐらいやばいの?

では、寝ないこと、十分に睡眠がとれていない状況はどのぐらい体に悪いのでしょうか?

多くの専門家は自然とともに起きる睡眠不足の危険性に関しては否定をしています。例えば、太陽が出るの遅い冬には、睡眠時間が長くなり、日照時間が長い夏には睡眠時間は自然に短くなります。このような状況で起こる睡眠時間の減少に関しては、自然に起きる現象であって、身体に及ぼす影響は少ないと考えられています。他にも、退屈や孤独は眠気を誘いやすいという研究結果もありますので、単純に疲れたり眠いからと言って睡眠不足とは限りません。

しかし、慢性的で長期的な睡眠不足に関しては、認知能力と人の気分・気性に悪影響を及ぼすと言われています。メンタル面での悪影響だけではなく、睡眠不足は循環器系の病気や代謝に関しての病気にかかり易くなるという研究結果が出ています。

動物実験においては、睡眠不足から死に繋がると出ています。人間においてもまれに、睡眠不足が死因になることもあるそうです。

3.睡眠負債の計り方

では、今自分がどのぐらいの睡眠不足を抱えているのか知りたくありませんか?

計算の仕方があるそうです。

もし、あなたが「よく眠れた!」と思える睡眠時間が8時間であると仮定した場合、一週間毎日7時間しか眠れていないとしたら、一週間の睡眠負債は7時間です。

簡単ですね。

4.睡眠負債は返済できるのか?

睡眠負債は、一度抱えてしまうと基本的に返済できません!

1日、2日であれば数時間の負債なので埋め合わせは可能ですが。長期的な数百時間の睡眠不足に関してはどうやっても取り戻すことは出来ません。

しかしながら、人間の体はよくできており、一度睡眠不足に陥る身体が勝手に睡眠不足を補うために睡眠の質を上げてくれています。深い眠りの頻度が多くなり、浅い眠りが少なくなるのです。

なら寝なくても大丈夫じゃん!って思うかもしれませんが、人間の体には浅い眠りと深い眠り両方必要なのです。バランスが大事。

しっかり、バランスのいい眠りを取るために、睡眠不足は数日もしくは1週間以内に解消するようにしましょう。

ん?どうやって?

5.睡眠負債の返済の仕方

まずは、これ以上借金を増やさないこと。十分な睡眠を取るようにしましょう。

次に自分の適切な睡眠時間を理解しましょう。何時間寝れば気分よく一日を過ごせるのか。それが決まったら以下のルールを守ってください。

  • 規則的な睡眠時間と起床時間
  • 寝る時間よりも早くベッドに入って、寝るまでにのんびりできる時間を持つ
  • 眠い時には寝る。カフェインで頑張ろうとしない
  • 寝る前に携帯・SNSを使わない
  • 寝室を暗く、静かに、涼しく快適にする

6.昼寝はどうなのか?

お昼寝ってどう?

昼寝は睡眠不足を解消するために非常に大事です。

一番効果的な昼寝は、15分~20分ほどの短い睡眠です。

昼寝の最適な時間は11時~15時の間です。

夜の睡眠だけでは、足りない人は昼寝も取り入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました