スポンサーリンク

【集中できない】大人はどのぐらい集中できるのか?

新卒(退職・転職・起業)
スポンサーリンク

今回のテーマは「集中力」です。なぜ集中力は落ちるのか?人が集中できる時間ってどのくらい?そんな疑問にお答えします!

あなたの集中力はどのぐらいで続きますか?すぐ携帯いじっていませんか?

あのマイクロソフトが行った研究を元に、集中力について考えていきたいと思います。

参考にした記事はこちらです、

「Brain Science: Focus–Can You Pay Attention?」

Art Kohnさんによって書かれた記事を参考にして、解説します。

大人でもまだ英語は習得できるの?:【早期英語教育の効果?】~中学生以上の為の英語勉強法~

スポンサーリンク

1.”Attention Span”(集中力持続期間)

まずは、”attention span” 、集中力が持続する時間についての定義を説明します。

“Attention span” とは「個人が1つのタスクに注意散漫にならずに、集中できる時間」のことを言います。

では、なぜそもそも集中力は長いほうがいいのでしょうか?

理由は多々ありますが、例えば集中力が長ければ、

  • よりクリエイティブになる
  • ミスをより少なくできる
  • 目標達成率が高くなる

こういった理由があります。

ところが最近の研究では、アメリカの成人の平均 ”Attention span” は20分~5分であると言われています。たったこれだけの時間しか人間は集中力が持続できないのです。

2.金魚と人間の集中力ってほぼ一緒!?

さてここからはもっと衝撃的な内容になっています。

あの、Microsoft Corporation が行った調査によると人間の集中力は8秒しか続かないという結果が出ました。

8秒という数字がどれ程のものか、、、、、

金魚と比べてみましょう。誰もが一度は見たことがある、あの金魚。

なんと、金魚は9秒も集中力が持続するのです!!

8秒がどれ程のものかお判りでしょうか。

サンプル

2000人のカナダ人、18歳以上を対象としたサーベイが行われました。

研究者は脳の活動を観察をするために、被験者の細胞から発せられる電気信号を記録しました。

結果

結果、全ての性別、全ての年代で集中力が短くなっていることを発見しました。

  • 44%の被験者が、1つのにタスクに集中力が持続できていませんでした。
  • 45%の被験者が、関係のないことを考えてたり、ぼーっとするなどをしていました。

他にも、18-24歳のカナダ人が、携帯に依存している傾向にあるともわかりました。

「暇な時に最初にする行動は何?」と聞かれた被験者の77%は、携帯に手を伸ばすでした。

反対に、65歳以上で、携帯に手を伸ばすと答えたのは、たったの10%でした

考察

ではなぜ人類の集中力は年々衰えているのでしょうか。

研究者はこう結論付けています。

テクノロジー、大きすぎるのメディアの情報量、SNS、などの為にシングルタスクに集中できなくなっている

デジタルテクノロジーが発達すればするほど、人間の集中力は短くなります。

皮肉ですね。

デジタル革命の張本人のマイクロソフトは、こう締めくくっています。

“Attention span” の低下はテクノロジーの進化に脳が適応しているためである

3.まとめ

さて、ここまで読んでくださった皆さんは、少なくても金魚よりは集中力があります! 笑

実際私も飽きたらPCを開きますし、携帯も触ってしまいます。

今後私自身も気を付けるべきだなと、記事を読んでいて思いました。

今回はここまで!

何かこんな記事を解説してほしい、このテーマ気になるなどがあれば気軽にご連絡ください~

タイトルとURLをコピーしました